その他いろいろ

@渋谷にて思ったこと。

その他いろいろ

先日7日に、東京まで打ち合わせに出向いて参りました。
GWあけの渋谷は、やみつきになるくらい空いてて静か。
行先の1件はヒカリエだったのですが、
ストレスなく移動と打ち合わせと見学とご飯を楽しんで参りました。
ところで皆さま、「塩羊羹」ってご存知です???

(さらに…)

銅器まつり会場にて

その他いろいろ

PAP_0049_20130427180047.jpg
いろんな銅像が並んでいますが、こんなメルヘンチックなものも。
とってもかわいらしい像です。

GW期間中の開館・催事等のお知らせ

その他いろいろ

GW期間中(4/27~5/6)の開館情報等をお知らせいたします。
【高岡地域地場産業センター本館】
期間中、平常通り開館しております。(9:00~18:00)
4/30(火曜)も、通常通り定休とさせていただいます。
◆期間中は、展示場にて「リニューアルお披露目&話題の新作展示会」を開催しております。
 最初の週末・4/27~29には、毎日ご来館先着80名様に、高岡産の工場野菜をご進呈。
◆同じく期間中、高岡銅器のワゴンセール開催。
 廃盤品、箱なし品等、卸のできなくなったお品などを、お値打ちでご提供しております。
◆さらに同じく期間中、高岡漆器の漆器製品全品を1割引きにてご提供。
◆4/28~5/5は、「高岡銅器まつり」が当館で開催されます。
 大型鋳造品の展示や複数の企業さんの販売ブース、体験教室などが開催されます。
【D.front】
5/1(水曜)も含め、期間中毎日営業いたします。(10:00~19:00)
現在端午の節句向け和紙小物をご紹介中。
また、高岡ならではの商品のご紹介として
企画展「高岡に伝わるものⅡ~高岡の花と蝋型の花器~」を開催しております。
皆さまのご来館をお待ちしております。

春号、出ました♪

その他いろいろ

「タカオカ、ものづくり散歩。」の春号が出ました
今回は30周年記念のイベント等催事情報や
本館展示場+D.frontの初夏までの展示情報など
ご案内が多くなっています。
内側の特集では、JR高岡駅、万葉線の停留所、市役所などの電話の保留音、
として高岡の方にはおなじみの「おりん」。
※上記の音のおりんは山口久乗さんのもの※
この「おりん」を現在も手で叩いて作る「鍛造」のスタイルで作っておられる
高岡銅器伝統工芸士会長・島谷粂和さんが登場。
お名前でピンと来た人はなかなかの通、今「すずがみ」が話題の企業
シマタニ昇竜工房さんです。
すずがみが生まれるきっかけになった技術のご紹介とも言えますよ
表紙は、春らしい小鳥と花のモチーフ。
正体が何かは、同紙裏表紙にてご覧ください。
かなりの接写をしています。
SN3O1018.jpg
どこかでご覧になったら、どうぞ手に取ってやってくださいませー

やっぱり音とか匂いとか、

その他いろいろ

再現できたらいいのにー
…と、このブログを書いたり、「タカオカ、ものづくり散歩。」の原稿を書いていると
ふと思うのです。
職人さんのところやメーカーさんを訪ねたりすると、その場で独特の音や匂いがありまして
井波に行けば粗彫りの際のノミの音がしたり、楠のいい香りがしたり、
庄川ではロクロが回転する音や高速で木を削る音がしたり、冬には木の燃える匂いがしたり、
五箇山に行けば和紙漉きのカタンカタンという音に水を流す音が混じったり
それこそ館内にいても、漆の作業日には漆の液の香りがふわんと漂ったり、
写真だけでお伝えしきれないものがたくさんあります。
せめてそろそろこのブログを動画対応にしようかと時々思うのですが
取材と言いながらも半分身内のようなもの、
そこまで改まってお話してくる訳でもないので
実は多分試みても「余所行き動画」は撮れないに違いない…という難点もあり
しかしやっぱり、こういう、音ものの製造場へ行くと、
やっぱり…と思ってしまう訳で。
PAP_0694.jpg

(さらに…)

「平成24年度伝統工芸修理技術者養成事業成果展」が開催されています

その他いろいろ

先週土曜16日から、高岡市の「文化とものづくりのまち活性化事業実行委員会」主催による
「平成24年度伝統工芸修理技術者養成事業」の成果展が1Fロビーで開催されています。
PAP_0026 (2)

(さらに…)

早春号、出ています<(_ _)>

その他いろいろ

なじんでくださった方もちょっとは増えてきたかな…?
と思っている「タカオカ、ものづくり散歩。」ですが
なんと、早春号が出ています
ご案内が遅くなっていてすみません。
今回の早春号は先日のギフトショーでの注目商品や関連情報などもご提供。
実は会場でも配っておりました。
地域の皆様には、現場の空気やお勧めのアイテムなど
またご覧いただければと思います。
内容はいつもどおり、薀蓄コーナーあり、人物紹介ありのもりだくさん。
ご自宅お届けの方はもう届いていることと思いますが
そのほかの皆さまも、どこかでご覧になったらお手にとってみてください。
SN3O0831.jpg

形を変えるもののデザイン。

その他いろいろ

形を変えるもののデザイン、という表現から考え付くものとしては
いろんなものが浮かぶと思うのです。
本やノートだって開くし、チラシだって折って郵送したりするし、
ストローは曲がるし、ロボットはトランスフォームするし…
まああの、今回は、そんなものたちよりもっとわかりやすいもの、
「布製の身に着けるもの」を発端に、ふと思ったことなのですが。

(さらに…)

妙(?)なお商売。

その他いろいろ

先日、Twitterには少し書いたのですけれど。
この間のギフトショーで、ちょっと困ってしまうウリコミをされてしまったのです。
見本市の出展者というのは、それはそれでこちらがウリコミに行っている訳なのですが
そういう出展者にあてて、例えばパッケージの企画会社さん、
オリジナル商品を企画している企画会社さんやデザイナーさん、
コラボ商品を作りたいメーカーさん等々、
商品の買い付け以外のご商談というのもたくさんあります。
はたまた、書籍掲載や取材のお申込み、催事へのご勧誘、
そういったものもお受けいたします。
そんな中で今回、ちょっと言葉に詰まってしまったのが…

(さらに…)

戻りました~

その他いろいろ

えぇぇぇ…東京出張から戻りました。
企業の方も含め何人もで出かけているのですが(いや別にツアー組んではないですが)
1泊2日班から最長はたぶんブースデザイン担当の後藤史明さんの約10日逗留まで
いろいろなのですけれども(そう書いているブログ担当は4泊5日)
だーいぶ疲れておりまして
気が緩んだのか今日は朝から背中が…
当財団のブースは他の団体出展に比べてかなりユニークでして
その企業の担当者がいなくても、ある程度のご返答が可能なスタイルを採っております。
技術的なご説明もできますし、特色などもしっかりとご案内。
(さすがに「東京のどこかで売ってないの?」までいくと難しかったりしますが
 商品そのものや価格についてはしっかりお話できます)
しかしそのため複合伝票や複合名刺交換が発生します。
数社分を一人で説明して資料も渡して発注も受けて、伝票と頂戴したお名刺は1枚だけというのを
必要なだけコピーしたり転記したりして振り分けなくてはなりません。
(商工会さんや自治体さんなんかのブースでもありうる話です)
たまの自画自賛をいたしますが、当財団は自称「団体出展にしては格別の速さ」で
トータルの仕分けを完了。
夜な夜な仕分けを行って振り分けていき、残った最終日分と複雑なものの
伝票仕分け、名刺仕分けも終わり、あとは各企業さんに渡すだけ。
至急要連絡のお話は全て連絡済み。
これでようやくお休みをいただける訳でございます。
しかし随分と日が長くなりました。
こう書いている5時半過ぎが薄明るいとは…
留守の間に春一番も吹いたようで、春の足音が随分と近づいているようですね。
それだけでちょっと気持ちが軽くなってきます。
今後ギフトショーで発表になった新商品など
地場もの商品でいろいろ興味深いものがあったので
この先順番にピックアップしていきますね
そうそう、ユニークと言えば、当財団の出展ブースでは
その場にいない(出展してない)企業さんの情報案内も
ある程度可能だしカタログ手配とか商品案内もできたりするのです。
何といいますか、これがこのエリアの「産地力」の一つです。