公益財団法人高岡地域地場産業センターの公式ブログ ものづくり+BLOG

こんにちは。公益財団法人高岡地域地場産業センターです。
このブログでは、財団情報をはじめ、各事業内容、施設の紹介、当財団で扱う富山県内の5つの伝統的工芸品をはじめとした地域の地場産業品の情報、文化財の修理事業、工芸関係の催事、はたまた日々のできごとなど今後様々な内容をお伝えしていきます。

体験教室、各事業の詳細、工芸品や作品のことなどお問い合わせがありましたら、気軽にお尋ねください。
優先的に記事掲載させていただくか、個別に返信をさせていただきます。
なお、そのほかこのブログの詳しいご案内はこちらをどうぞ。

鋳物体験レポート【試作&14歳の挑戦】

鋳物製作体験

今日は朝から14歳の挑戦の少年たちと一緒に、鋳物体験教室の試作づくり。
違う葉っぱの状態や、前回と違う厚みの型を作ってみようとしています。
実は彼らも私も鋳物は初体験。
(少年たちは「ものづくり・デザイン科」の授業では漆器を習ったそうです)
体験教室担当からすると、「はじめてさん」がこれをどうできるかも知りたいみたい…
よし!せっかくなので、体験教室の中身をレポート!
現在の鋳物体験教室では、葉っぱの代わりに水盤用の型を入れますが
工程は同じですので、その旨置き替えてご覧いただければ幸いです。
さて…まずは、型を準備。
今日のところは、まず型にするための葉っぱを選びます。
葉っぱ選び
あ、左下に第一見本にしたブドウの葉っぱ…

(さらに…)

サンプル増殖中

本日の作業

試作いろいろ
鋳物体験教室の試作品。
今朝からいろいろ作ってみました!
左から、ライラック、ツワブキ(茎を蔓っぽくしたから違うものみたいですね)
それとアジサイが2枚。
実は、私も人生初の鋳物体験をさせてもらいました♪
なかなか良い感じでしょ?(自画自賛?
後ほどじっくり記事にします

資料館の展示替え【14歳の挑戦】

本日の作業

今日も朝から、少年たちが出勤してきてくれています
今日は午後から、産業資料館2階に展示してある
工芸品の展示替えをしてもらっています。
CIMG6007.jpg
まずは、離れたところからパチリ
デザイン工芸センターの職員さんの、説明を受けているところです。

(さらに…)

お洒落な炭グッズのご紹介♪【えこりんフェア】

本館展示場情報

エコ×涼、という際には、炭の持つ湿度調整や脱臭の力も重要!と
今回特別に展示させていただいている、炭を使ったグッズをご紹介します。
炭

(さらに…)

高岡駅の風鈴

高岡銅器


高岡駅の風鈴設置は、今年で18回目。
夏になるとすべてのホームに吊られ、涼しげな音色でお客さまを出迎えます。
私が物心つく頃にはもうやってたような…と
錯覚してしまうほど(サバよんだわけじゃなく…)馴染んでしまった
高岡の夏の風物詩。
高岡銅器組合の駒澤理事長によると、風鈴の数は200個。
もし高岡駅にいらっしゃることがあったら、
このいろんな風鈴を、見上げてご覧になっていただけたらと思います。

風鈴いろいろ

本日の作業


いろんな種類の風鈴をつけています。
短冊は、市内の小学生の皆さんにかいていただいたものと、
がんばろう日本、がんばろう東北のメッセージ。
短冊も、昨日少年たちがつけてくれました。

風鈴設置作業中

本日の作業


たくさんの報道陣の皆さんに囲まれ、さらにはなかなかの高さのはずなのに、
あまり動じる気配のない少年たち。
う~ん、なかなか大物かも☆
随分たくさんついてきました。
風もあって、チリチリいい音がしています。

14歳の挑戦

本日の作業


昨日から、市内志貴野中学の少年たちが、14歳の挑戦と題した職場体験に来てくれています。
今日は高岡銅器組合の皆さんといっしょに、
高岡駅構内で風鈴の設置作業にきています。

新企画開発中。

鋳物製作体験

鋳物サンプル
見てください、この写真♪
できたてほやほやの、錫鋳物なんです。

(さらに…)

青の作り方。

伝統的工芸品

色彩心理学の実験では、青い色は赤い色よりも、体感温度として3度低く感じるのだとか……
青っていいですね

ちなみにガラスの青い色は、主成分に酸化コバルトや酸化銅を
混ぜることで発色させます。
陶器の色は釉薬で決まりますが、ガラス質なので理屈は同じ。
漆器の場合は透明の漆に顔料(天然だと瑠璃や岩群青ですね)を混ぜます。
布は染料成分を繊維に浸透させます。天然では藍やクサギが青い色。
これらは材料に何がしか発色性分を取り込んでいくものですが
銅器の場合はちょっとユニーク。
塩化アンモニウムの蒸気や液体で表面を軽く腐食させ、
緑青の膜を作ることで青い色を付けます。
一口に青と言っても、いろいろな作り方がありますね。