その他いろいろ

高岡の伝統工芸品展@東京

その他いろいろ


昨日9日から15日までの日程で、有楽町は東京交通会館地下1階の
いきいき富山館(富山県アンテナショップ)にて
「高岡の伝統工芸品展」が開催中です。
出展は、巧美会(たくみかい:高岡市伝統工芸産業技術保持者の会)の会員のうち、14名。
螺鈿や象嵌など、優れた技術で作られた、
しかも割合小ぶりな作品が展示されています。
花器や文箱のような調度品から、帯留などの身につけるものもありましたので、
首都圏近郊の方、東京駅付近へお出かけ予定の方、
ぜひぜひお立ち寄りいただけたら、と思います。
写真は今日明日開催の、体験教室会場を
控えめ~に撮らせていただいたものです(^_^;)
巧美会会長にして現代の名工・鳥田宗吾先生と、日本工芸会正会員の佐野宏采先生による彫金と
同じく日本工芸会正会員・今井宗潤先生と、伝統工芸高岡漆器協同組合副理事長でもある武蔵川義則先生の螺鈿という、
地元でも稀な豪華版体験教室。
東京方面では新聞広告も出たようなので、ご存知の方もいらっしゃるかも。
いつもどおり高岡弁で気負わない先生方が、
「この先やりたかったら高岡おいで~(^-^)」なんて、
アットホームな雰囲気を作ってらっしゃいました。
ご参加の皆さんは楽しそうに、かつとっても熱心に力作を作っていかれましたよ!

出張ブログ・その2

その他いろいろ


池袋のメトロポリタンプラザには、全国伝統的工芸品センターがあります(^-^)
1階には常に全国のいろいろな工芸品がたくさん並んでおり、
2階は企画展として、どこかの産地のものが集中的に展示されています。
現在の企画展は益子焼、また1階の実演コーナーでは
江戸刺繍の工芸士さんが、綺麗な花を縫っておられました。
常設展示は地域ではなくジャンル別に並んでおり、
例えば高岡漆器、山中漆器、飛騨春慶などが寄せてあるので、
それぞれの風合いの違いを比較しながら見学できますし、
またご購入も可能です。
スペースに限りがありますから、それぞれの展示点数は少なめですが、
それでもなんとなくいろいろな工芸品の特徴をご覧になっていただける
稀な施設だと思います☆
寄りましたので、ご紹介まででした~(^-^)

出張ブログです(^-^)

その他いろいろ

東京のビッグサイトからです(^-^)
現在第72回東京インターナショナルギフトショー会場に来ています。
今回は伝統工芸高岡漆器協同組合の皆さんも、氏家理事長をはじめ参加しておられます。
高岡漆器ブースは、びっくりするほどモダンでお洒落な展示品が多く、
一般的なイメージの漆器ブースとは、ちょっと一線を画していますよ♪
ぜひ会場へ…と申し上げたいのですが、会期は今日まで(T_T)
中では写真がNGなので、またご紹介する機会を狙います。
なお、高岡地域地場産業センターとしての県内工芸品の共同出展は、
次回2月のギフトショーになります。

彫刻キャンプをのぞいて来ました♪

その他いろいろ

いなみ国際木彫キャンプ2011」開催中です!!…
こちらも、ぜひ♪

雨はひどくなるのかしら…と思いつつ、今日は井波・五箇山へ。
せっかくなので、外周りのついでに見学してきました

(さらに…)

伝統工芸士展作品引取のご案内

その他いろいろ

高岡漆器コーナー【第15回富山県伝統工芸士展終了】

届きました!
CIMG6101.jpg
高岡漆器伝統工芸士会さんから、先日の第15回富山県伝統工芸士展・
伝統的工芸品ふるさと体験フェアでの青貝塗製作体験の作品が
上塗りなどの仕上げを終えて到着しました。
本日からお引き取り(宅配でお聞きした方は着払にて手配)です。
せっかくですので、お早くいらしていただいて、ぜひお手元で使っていただけたらと思います。
※火曜日は休館ですので、ご注意ください!※

彫刻といえば

その他いろいろ

こちらも、ぜひ♪

えぇぇぇ…なんだか紹介に紹介を重ねておりますが
彫刻と言いますと、この夏はこちらもどうぞ。
高岡市美術館において、「抱きしめたい!―近代日本の木彫展」開催中です。

(さらに…)

言われてみれば。。

その他いろいろ

昨晩大雨が降りまして、ちょっぴり涼しい高岡です
今日も朝から降ったりやんだり、
「そろそろ風鈴の気分じゃないかねぇ…」
いやいや、まだまだ
週間天気予報では、来週にはまた30度越えになっています。

(さらに…)

ご紹介いただきました<(_ _)>

その他いろいろ

秋が近づくと

和紙情報いっぱいの、和紙の職人.comさんで、
こちらの記事をご紹介いただきました。
全国の和紙産地や和紙関係のニュースがもりだくさんです。
和紙にご興味のある方は、ぜひご覧ください!

秋が近づくと

その他いろいろ

富山に秋が近づくと…あちこちから、「おわら風の盆」に関するものを目にします。
哀愁漂う胡弓の音と、古い町並みの町流しの風情が、秋風と郷愁を誘うのでしょうか。
例年風の盆の頃にお土産物などをご覧になっていかれるお客さまも多いとのことで
展示場の入口に、ちょっとしたご案内コーナーを設けてみました
おわらコーナー

(さらに…)

お暑うございます(>_<)

その他いろいろ

立秋も過ぎたというのに、まだまだ暑い日が続いております
伝統工芸士展も終わり、大七夕うさぎ七夕も撤去し…
なんて言うと寂しく静かになったようですが、そんなことはありません。

(さらに…)