当センターを装った不審メールにご注意ください

お知らせ

この度、当センターの職員を名乗った不審なメールが送信されていることを確認いたしました。お客様ならびに関係者の皆様に多大なるご迷惑とご心配をおかけしておりますことをお詫び申し上げます。

 

【不審メールの見分け方】

 

この不審メールは、コンピュータウイルス「Emotet(エモテット)」と思われ、送信者の氏名表示とメールアドレスが異なっていることが特徴です。

 

当センターでは職員全員「****@takaokajibasan.or.jp」のメールアドレスを利用しております。当該不審メールでは、送信者には当センター職員の氏名が表示されていますが、上記と異なるメールアドレスから送信されていることを確認しております。

 

また不審メールには、エクセルファイルやパスワード付きZIP形式ファイル等が添付されており、メール本文に添付ファイル名やパスワードが記載されている事例もございます。

 

つきましては、当センター職員からのメールを受信された場合は、送信者アドレスのご確認をお願いします。

送信者アドレスが「****@takaokajibasan.or.jp」となっていることをご確認ください。それ以外の場合は、添付ファイルの開封、本文中のURLのクリックはせず、メールごと削除してください。

当センターからもメール送信前後にご一報させていただきますが、ご不安な場合は当センターまでご連絡ください。

 

今回の事態を受け、被害拡大の防止に努めるとともに、より一層の情報セキュリティの強化を推進してまいります。