沿革

昭和54年 産地中小企業対策臨時措置法による振興計画策定
昭和55年 4月 政府委託事業として、地場産業振興システムの基本構想に関する検討を高岡市が「地場産業振興システム委員会」に委託
10月 高岡市業界団体により「地場産業振興センター建設協議会」発足
昭和56年 6月 中小企業庁が昭和56年度設置8か所を決定
11月 財団法人高岡地域地場産業センター設立発起人会開催
理事長:堀健治高岡市長(当時)
12月 財団法人高岡地域地場産業センター設立認可
高岡地域地場産業センター起工式
昭和58年 4月 開設
(富山県、富山県西部の市町村20、業界団体・商工団体計46)
平成6年 展示場を大規模改装
平成18年 8月 2階テラスを改築し鋳物体験工房を設置、錫による鋳物体験が可能な設備を整備
合わせて産業資料館、1階展示場の改装
平成19年 2階和室を多目的研修室に改装
平成20年 1階に漆器体験工房・文化財修理工房を設置
平成24年 9月 公益法人移行申請を理事会にて決定
12月 富山県公益認定等審議会において移行認定の答申
平成25年 3月 富山県より、公益財団法人認定の通知
4月1日 公益財団法人高岡地域地場産業センターとなる