文化財の修理修復

焼嵌め作業を行いました。

文化財の修理修復

春から修理を行っていた、高岡御車山(通町)の後輪。
搬入→金具はずし→鉄輪はずし→解体→漆剥離→木部修理→きゅう漆→組立
…ときての、焼嵌め(鉄輪をもう一度嵌める作業)です。
本日はこの作業をご紹介していきます
P1030433.jpg
右側、ちょっと高い位置に人が見えますが、この方の足元にある
円盤状のものが、まさに修理中の車輪です。
その下の方のブルーシートの中には水が張ってありますよ。
左の方に見える赤っぽい大きな輪っか状の炉で、今から嵌める鉄輪を熱しています。

(さらに…)

今年も修理が始まりました

文化財の修理修復

最近あまり修理のことについて書いていませんでしたが
今年も車輪の修理が始まりました。
年度があけて、春祭りの時期が終わって、さて修理…というのが
春に曳かれる山車の修理のスケジュール。(ほとんど)
今年はまず、高岡御車山・通町後輪の修理が始まりました。
通町解体250609 (1)

(さらに…)

新規修理が始まりました【御車山車輪修理】

文化財の修理修復

一番街通の車輪修理が終わり、
今年度は通町の前輪2輪の修理に入りました。
先日搬入を行い、まずは記録が始まっています。
通町の車輪は一番街通のものより金具が少なく、
一見したところシンプルな印象。
だけど、繊細な細工の龍の金具がついています。
P1140893.jpg
金具が少ない分漆の面が広く見え、
ざっと見ただけでもあちこちに経年の傷があります。
またきれいになる日が楽しみですね!

御車山の車輪の重さ

文化財の修理修復

車輪の修理に入る前、当館文化財工房へ搬入があった際
この車輪はいったいどれぐらいの重さなんだろう…と言っていましたが、
計測データをざっくり公開いたします

(さらに…)

金具取り付け【御車山車輪修理】

文化財の修理修復

御車山の車輪修理ですが…
本日、完了検査がありました。
(ということは、修理工事は終了したということです
遅ればせながら、つい先日行われた、
飾り金具取り付けの模様をお伝えします。

(さらに…)

焼き嵌め作業が行われました

文化財の修理修復

以前御車山の車輪の焼き嵌めをお伝えしましたが…
昨日15日に、城端町曳山(南砺市)と、修理協会のサンプルミニ車輪の
焼き嵌め作業が行われました。
城端町さんの模様は、北日本新聞さんの記事へ。
作業手順はほぼいつも同様ですが、こちらはミニ車輪でご紹介します。

(さらに…)

車輪の焼嵌を行いました【御車山車輪修復】

文化財の修理修復

最近あまりご紹介していなかった御車山の車輪修復ですが、
漆の中塗りも無事終了しまして、バラバラになった車輪をもう一度組み立て
車輪外周への鉄輪を嵌め直す工程に入りました。
1.鉄輪

(さらに…)

金具研磨終了【御車山車輪修理】

文化財の修理修復

着々と進んでいる御車山一番街通の車輪修理ですが、
形を整えた飾り金具の研磨が終了しました
P1080746.jpg

(さらに…)

刻苧作業が始まりました【御車山車輪修復】

文化財の修理修復

修理工房では、今朝から漆の「刻苧(こくそ)」作業が始まりました。
刻苧って…なんだか聞きなれない響きです
今日はこの、刻苧についてちょこっと解説。
(当然受け売りですが

(さらに…)

漆部分の修復が始まりました【御車山車輪修復】

文化財の修理修復

木部の修理が終わった車輪は、今度は漆塗の工程へ。
漆工修復 (2)
修理協会漆工部会の皆さんが、今週月曜から作業に取り掛かられました。

(さらに…)