伝統的工芸品

先日のことですが

伝統的工芸品

高岡市から、市長さんはじめ訪問団の皆さんが、
高岡市の姉妹都市のひとつ・アメリカのフォートウェーン市を訪問されました。
(姉妹都市提携35周年記念、概要はこちら→富山新聞さんの記事
フォートウェーン市長さんへのお土産に…と選ばれたのが
高岡漆器の小箱。

(さらに…)

KANAYA新作展示会が始まりました♪

高岡銅器

前記事でご紹介したKANAYAブランドの新作展示会が、
東京・南青山のICHYS GALLERYさんで始まりました。

(さらに…)

KANAYA新作展示会のご案内

高岡銅器

10/29~11/1、KANAYAブランド新作発表会が行われます。
121026_1613~01
10/29(月)~11/1(木) 11:00~19:00
港区南青山2-11-14 イチーズビル3F
ICHYS GALLERYにて
すでに発表されている商品のほか、作りあがったばかりの試作品の展示も。
ご興味のある方はぜひ♪

第3号ができました♪

伝統的工芸品

121002_1216~01
「タカオカ、ものづくり散歩。」の秋号ができました。
今回は、10~11月の工芸品関係のイベントの主なものの紹介を入れ
ちょっと文字が多めです。ごめんなさい<(_ _)>
内頁の特集は、井波彫刻・高田乾行さん、同じく石原良定さん。
そのほか、高岡市博物館や、レアな大工道具「槍鉋」をご紹介しています。
高岡地域地場産業センター本館、D.frontをはじめ
県内公共施設、伝統工芸の小売店さん、ギャラリーさんなどでご覧ください。
なお。
県内伝統工芸系の(いささかマニアックな)情報と、本館&D.frontの展示会情報が
おうちに届くといいな~と言ってくださる方は、
本館またはD.frontの展示場スタッフ、もしくはこのブログのメールフォームから
お送り先をお知らせください。
また、うちの施設やお店に置いてあげる!と言ってくださる
とってもありがたい方がいらっしゃいましたら
そちらもお知らせいただければ、とってもとっても嬉しいかぎりです。

グループ展のお知らせをいただきました

高岡銅器

120927_1626~01
高岡銅器関係の作家さん&職人さんのグループ
「Project DOO」の第7回グループ展のお知らせをいただきました。
あ、DOOは、「どぅー」ではなくて、「どう(銅)」だそうです。
こちらのグループは、画像を拡大して見ていただければお分かりのように
日本クラフト協会理事長の相川繁隆さんや
このブログにも度々登場していただいている、財団マスコットなでうさぎの作者、
もとい、日展作家の中村喜久雄さん、
金沢美術工芸大で非常勤講師を務める槻間秀人さん等々
高岡の金工を牽引してこられたような、ベテランさんばかりのグループ。
高い技術と洗練されたデザインの作品が並ぶことと思います。
10月4日~9日は、末広町の画廊七本杉、
10月13日~15日は、金屋町金属工芸工房かんか にて
前半の方が、ちょっと大きめの作品かな…という情報です。
10月第1週の週末は、クラフトコンペや万葉まつりなど、
高岡の街中でもいろいろなイベントが。
どうぞ合わせてご覧ください。

今週末は、「獅子カーニバル」!?

井波彫刻

井波彫刻で連投しておりますが、今週末、22日~23日は「井波彫刻まつり」。
井波彫刻総合会館(道の駅併設)と周辺で、いろいろな催しが開催されます。
昨日あたりからメディア発表もされている、噂の…

(さらに…)

え???

井波彫刻

井波彫刻は数百本のノミを使い分け、
やすりがけ無しで滑らかな木肌を作りあげるのですが…
なんと、柄は手作り!?
SN3O0270.jpg
写真は、前記事と同じく高田乾行さんのところで撮らせていただいた
仕上げ道具なのですが…
確かに柄の色が微妙に違っています。
刃の部分だけを買って、柄はいろいろな材で手作りするのだそう。
手にあったものを作るという意味だけでなく、
その作業を通じて様々な材の特徴を知るためにも役立つとのことです。
刃は抜けるようになっていて、例えばお寺の彫刻品など厚みのあるものの場合には
この写真のものよりもっと長い柄のものに替えて、深い部分の作業をするそうです。
井波彫刻の秘密(?)のひとつでした…

井波に行ってきました♪

井波彫刻

…って、度々行ってはいるのですが
今回は、「タカオカ、ものづくり散歩。」秋号の取材に。
こんな、取材的なお話をしに行ったのは、実は初めてだったのです。
訪問先は、井波彫刻伝統工芸士会長の高田乾行さん。
県の工芸士会の副会長さんでもあり、日頃会議などでお会いすることは多いのですが
そうそうゆっくりすることもなく…
今回、たっぷりお話を伺ってきました。
秋号のスペースには乗り切らないので、こちらでもちょっと。

(さらに…)

東京インターナショナル・ギフト・ショー出展のご紹介

伝統的工芸品

明日から東京ビッグサイトで開催される、
「第74回東京インターナショナル・ギフト・ショー」に
高岡の、銅器&漆器関連企業出展のご紹介です。

(さらに…)

型染め?

越中和紙

「型染め」というと、何を思い出されるでしょう?
このブログを時々ご覧いただいている方や
富山の伝統工芸になじんだ方なら、
八尾の和紙、とおっしゃるかもしれません。
型染めとは、その名のとおり、「型」を使って布や紙を染める技法。
しかし、時々「ステンシル」なんて言葉も出てきます。
ステンシルも、型を使う技法…あれ?一緒?
と思いきや、この二つ、大きな違いが。
一般的に「型染め」と表現されるものは、
型の穴の開いたところに、防染糊を置きます。
穴の開いているところを染まらないようにするということは、
穴の部分が白く残るということ。
対して「ステンシル」は、型の穴の開いたところに色を載せます。
白く残るのは、型でガードされた方。
同じ型を使うものでも、実はまったく逆の作り方。
和紙や布をご覧になる際に、「これはどっちだ?」と思いながら
ご覧いただくのも良いかもしれません。
そして、「型」と言えば、型そのものが伝統工芸になった伊勢型紙。
今年東京→京都を巡回して話題になった「KATAGAMI Style
現在三重県で会期中です。